滋賀県大津市の弁護士事務所

あい湖法律事務所あい湖法律事務所

交通事故

サービスについて

交通事故について

交通事故被害にあったら

適切な示談金を得るために、出来るだけはやく滋賀県大津市の交通事故に強い弁護士

あい湖法律事務所にご相談ください。

交通事故被害にあった直後の方

交通事故に遭われたら、すぐにご相談ください。

そもそもどうすればいいの?、適切な示談金をもらうためにはどうしたらいいの?

といった交通事故の流れについてしっかりと説明させていただきます。あい湖法律事務所では、医学的な所見を踏まえて治療のアドバイスをしますので、適正な後遺障害等級の認定も獲得できます。交通事故から1か月以内にどのような検査をしたのかによっても変わります。

交通事故に遭ったら、出来る限り早く当事務所にご相談ください。

交通事故のご相談は、交通事故被害者救済の専門の弁護士にお任せ下さい。

「あい湖法律事務所」が考える、事故被害に遭われた直後の対応

  1. 人身事故として届出を出す
    素早い初期対応が必要になります!
  2. 実況見分申し出る
    自分の言い分を実況見分調書として証拠に残す必要があります!
  3. あい湖法律事務所に相談する
    示談金の総額が大きく変わる場合があります。
  4. 専門医へ行く
    すみやかに近くの病院に行き、診断書をもらいましょう。

治療中の方

保険会社(病院)から症状固定(治療費を打ち切る)と言われた方

賠償金額を低く抑えるために、保険会社からの圧力が強くなってきます

心無い事務連絡しかない、対応が遅い、仕事が忙しい等々、保険会社の対応は、交通事故に強い当事務所の弁護士にお任せください。治療の継続、適正な検査の実施、適正な後遺障害等級の獲得、適切な示談金の獲得に向けて、交通事故に強い当事務所の弁護士が徹底してサポートします。

「あい湖法律事務所」の弁護士なら保険会社の言いなりにはさせません

  1. 症状固定の判断は、医師のみしかできません。
    他覚症状及び自覚症状を考慮して、医師が判断するものです。
  2. 症状固定したら
    後遺障害診断書を書いてもらう前に、当事務所に相談ください。
  3. 治療費を打ち切られてしまっても自費で通院して、
    後で保険会社に請求することも可能です。
  4. 保険会社の対応は
    当事務所が代わって行いますので安心してください。

後遺障害認定を受けた方

適正な後遺障害等級が獲得できているか検証しましょう

現在の後遺障害等級が適正かどうか検討します。後遺障害等級の判断は、外貌醜状等を除き、書面審査です。適正な書類を提出していないと、認められる後遺障害があるのに認められていないということもあります。異議申立によって、上位の後遺障害が認められることもあります。交通事故に強い当事務所の弁護士にご相談ください。

経験豊富な「あい湖法律事務所」の弁護士なら検査や記入漏れを見逃しません

  1. 自覚症状を全て医師に伝えることが できましたか?
    診断書に記載されていない障害は"無い"のと同じです。
  2. 必要な検査をしてもらっていますか?
    他覚所見は適切に記入されていますか?
  3. 事故後に、性格や行動の変化が見られたら
    高次脳機能障害の可能性があります。
  4. むちうちでも認められる場合があります
    軽傷だから、と思い込まずにご相談ください。

慰謝料等の金額提示があった方

提示金額は、保険会社が自社の基準で算出した金額です

保険会社の提示する賠償金は、あくまで支払う側が独自に決めた基準であり、一般的に払われるべき適切な賠償金(いわゆる裁判基準)ではありません。交通事故に強い当事務所の弁護士に依頼頂くことで、大幅に賠償金が増える可能性があります。

「あい湖法律事務所」の弁護士は保険会社の提示金額が妥当かきっちり確認し適正金額を請求します

  1. 保険会社だけに任せないでください。
    保険会社から示談金の提示があったらまずは弁護士にご相談ください。
  2. ハンコを押してはいけません。
    ハンコを押してしまうと、
    もう後でどうすることもできません。
  3. 弁護士が加入することで賠償額が大幅に上がる可能性があります。
    保険会社の提示する賠償額は、保険会社における支払い基準です。
  4. 判断や交渉はプロに任せるのが安心
    保険のプロを相手に、素人判断は危険です。

弁護士費用特約をご存知ですか?

  1. ご自身の保険に弁護士費用特約はついてませんか?

    交通事故による損害賠償請求を弁護士に依頼する場合の弁護士費用が、1事故1人につきにつき、300万円まで補償される特約です。特約があれば、基本的にご本人の負担はありませんので、安心してご依頼頂けます。また、弁護士費用特約を使っても、翌年から等級が上がるといったことはありませんので、安心して、交通事故に強い当事務所にご相談下さい。

  2. 同乗者や家族の保険でも弁護士費用特約が使える可能性があります!

    弁護士費用特約は、同居のご家族の保険や別居していても独身であれな両親の保険を使うことが出来ます。弁護士費用特約の加入率は、約8割ですので、ご自身が加入していなくても、ご家族等を探してもらうと、見つかる可能性は高いです。

よくある質問

病院で、交通事故は自由診療で支払うように言われましたが・・・

原則は、自由診療です。もっとも、第三者行為による傷病届等を提出することで、健康保険を利用できます。後部追突等ご自身の過失がないことが確実な場合以外は、健康保険を使う方が結果的に良い場合が多いです。

会社の目安が6ヶ月だから症状固定するようにと、保険会社側に言われましたが、期限があるのですか?

症状固定とはお怪我の状態を示すものであり、期限なんてありません。ただの目安に過ぎません。

等級の異議申立てはどこにどうやってするの?

後遺障害の等級に応じて賠償金が支払われます。1等級違うだけで、数百万円、場合によっては数千万円変わります。また、訴訟においても、自賠責法上の後遺障害等級を重視します。

「こんなものですよ」と言われたが相場がわからない。
保険会社のこんなものですよは、自賠責保険の基準に近いことが多いです。自賠責保険は、最低補償のための強制保険。ですから、自賠責の補償基準は、当然、最低基準となります。保険会社は、自賠責基準で支払い、そのまま自賠責に請求しますので、自社の持ち出し金額は実質ゼロとなります。なんのために保険料を支払っているのでしょうか。
示談が成立しないと保険金は支払われないの?

示談成立前でも、自賠責保険の請求は可能です。また、任意保険であっても、明らかに支払われ金額以下であれば、内払として、一部先に払ってくれる場合もあります。

交通事故について、もっと詳しく知りたい方は

交通事故被害者徹底サポート

安心してご相談ください

tel:077-527-0023  fax:077-527-0007  
mail: info@aiko-jimusho.com
【受付時間】毎日9:00~20:00 【定休日】なし ※お休みを頂いている場合もあります。