滋賀県大津市の弁護士事務所

あい湖法律事務所あい湖法律事務所

離婚・慰謝料

サービスについて

離婚・慰謝料について

一人で悩まず専門の弁護士にお任せ下さい。

離婚・慰謝料問題でお悩みの方へ

当事者同士で冷静に話し合い解決できればいいですが、複雑な感情が絡み合い、到底冷静にはなれません。また、婚姻費用、財産分与、年金分割、養育費等いった法的な問題も複雑です。
当事務所では、依頼者様の利益のために、お客様に代わって、相手方と粘り図良く交渉します。

離婚に必要な理由

当事者間の合意

原則として、離婚をするためには、当事者間で離婚することに合意することが必要です。当事者間で離婚することに合意できれば、離婚する理由はいかなるものでも構いません。裁判で離婚するには、次項以降のとおり、高いハードルがありますから、まずは当事者間で離婚する合意を目指していきましょう。
当事者間で離婚することが同意できない(どちらか一方が離婚したくないといった)場合で、一方がどうしても離婚したいといった際は、離婚を拒否する相手を被告として、訴えを提起することになります。ただし、身分関係に重大な変更を伴うので、まずは当事者間で十分な話し合いをすべきとの考えから、訴えを提起する前に、離婚調停(夫婦関係調整調停)を申立てる必要があります。

裁判で離婚する場合に必要な理由

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

あなたに破綻の原因があっても離婚できる場合があります!

浮気をした妻が夫に離婚の請求をする場合等、夫婦仲の破綻の原因が離婚を請求する側にある場合、原則として離婚は認められません。しかし、次の事情を総合考慮して、夫婦仲の破綻に原因のある配偶者からの離婚請求が認められる場合があります。

  • 別居期間が長い
  • 親から独立して生計を営むことができない子どもがいない
  • 離婚しても他方の配偶者が精神的、社会的、経済的に苛酷な状態にならない
  • 離婚を認めても著しく社会正義に反するといえるような特段の事情がない

また、夫と妻の双方に夫婦仲の破綻の原因があり、夫婦仲が破綻している場合には、離婚請求は認められます。

離婚の種類について

離婚の種類は、次の4つがあります。

  1. 協議離婚
  2. 調停離婚
  3. 裁判離婚

協議離婚

夫婦が、話し合いによって離婚条件をまとめて、離婚する合意をし、離婚届を市区町村に提出する場合です。離婚の大半はこれにあたりますが、年々、次に述べます調停を活用することも増えています。

調停離婚

夫婦間で話し合いをしたが離婚について合意できない、相手が話し合い自体に応じない場合には、調停による離婚をめざすことになります。
調停委員(男女1名ずつの場合が多い)と呼ばれる人が中心となって夫婦双方の話を聞き、離婚の合意や財産分与等の離婚の条件についてそれぞれの意見の調整を行ってくれます。

裁判離婚

調停離婚が成立しなかった場合、裁判で離婚や慰謝料等を請求することができます。裁判離婚をする場合には、原則として事前に調停手続を経ている必要があります。裁判離婚の場合には、民法が定めている離婚理由が必要となります。
人訴という特殊な裁判になりますが、一般的な裁判と基本的には同じようにするものです。

離婚、別居とお金について

やはり大事なお金のこと。離婚、別居するときに、きちんと決めておきましょう。

  1. 慰謝料
  2. 財産分与
  3. 住宅ローン
  4. 養育費
  5. 婚姻費用の分担割合
  6. 年金分割

大事なお金のことを後悔しないために、離婚・慰謝料問題に詳しいあい湖法律事務所の弁護士にご相談ください。

慰謝料を請求したい・慰謝料を請求された

当事者間の話し合いでは、なかなか話が進まなくても、専門的な弁護士が間にはいることで、相手も態度を軟化し、話が進むことが多いです。一度話が進んでしまえば、折り合いをつけて早期に着地するといったことも可能です。
あい湖法律事務所であれば、依頼者の方に有利なアドバイスができます。きっと「心強い味方」になれるはずです。

離婚と子どもについて

離婚した後に困らないためにも、子どもの事をきちんと決めておきましょう。

  1. 親権と監護権
  2. 養育費
  3. 面会交流

親権や監護権、養育費など子どものことを考えて決めておきましょう。後悔しないために、離婚・慰謝料問題に詳しいあい湖法律事務所の弁護士にご相談ください。

離婚・慰謝料に詳しい弁護士に
依頼するメリット

  1. 心身が疲れる交渉~弁護士があなたに代わって交渉します!
    当事者間の話し合いに、心身ともに疲れ果てて、もうどうしていいかわからない。そんなお悩みはありませんか?あい湖法律事務所の離婚・慰謝料に詳しい弁護士が、あなたに代わって、相手と粘り強く交渉します。離婚問題について、心身が疲れる交渉を含めて、トータルサポートできるのは、離婚・慰謝料に詳しい弁護士だけです。あい湖法律事務所にご相談ください。
  2. 後悔しない離婚のためにトラブルを予防!
    財産分与、養育費、慰謝料について話し合い、金銭の支払いを約束したのに、正確に書面として、残しておかなかったり、書面を作成したものの、法的には意味がなかったり、取り決めたはずの慰謝料や養育費が支払われなかったりするなど後になって紛争が蒸し返されること、取り返しのつかないことになってしまうことが多々あります。
    離婚・慰謝料に詳しいあい湖法律事務所の弁護士に相談をいただければ、法的に万全な書面の作成、適正な手続の選択、円滑な遂行により、問題の解決だけでなく、後々のトラブルをも防ぐことができます。
  3. すこしでも有利な離婚のためにベストなアドバイス!
    離婚は人生におけるとても大切な決断です。離婚の手続は、正確な知識と離婚後の生活について専門的なアドバイスしてくれる離婚・慰謝料に詳しい弁護士が必要不可欠です。
    離婚・慰謝料に詳しい弁護士であれば、離婚後の生活設計までを冷静に見つめ、依頼者の希望に沿った離婚となるようなアドバイスができます。
    あい湖法律事務所は、離婚・慰謝料にお悩みの方の「心強い味方」に、なれるはずです。

よくある質問

慰謝料の相場を教えてください。

慰謝料額の相場としては、100万円から300万円です。ただし、あくまで相場であり、様々な事情を考慮して総合的に判断されます。場合によっては、800万円の慰謝料を認めた事案もあります。
様々な事情とは、結婚が破たんした責任の原因、その大きさ、相手が受ける精神的苦痛や肉体的苦痛の大きさ、婚姻期間や年齢、未成年の子の有無、などが基準となってきます。不貞の場合ですと、相手との交際期間、性交渉の回数程度、婚姻期間、子どもの有無が大きな要素となります。

長期間別居している夫と別れたいのですが・・・

一般的には、7年程度の別居といわれていますが、5年程度で認めた裁判例もあります。別居の原因、別居中の夫婦関係を考慮しており、期間のみをもって決めるものではありません。詳しくは、弁護士にご相談ください。

配偶者に勤労意欲がありません。こんな場合も離婚できますか。

夫婦関係が破綻していて、将来的に回復する見込みがない場合、離婚できる可能性があります。

結婚時の氏を離婚後もそのまま使用出来ますか。

離婚の日から3ヵ月以内に、戸籍法上の「離婚のときに称していた氏を称する旨の届」を出せば、結婚していたときの氏を名乗ることができます。離婚届けの提出、または、離婚の報告をすると同時に、その届出を提出する人が多いです。

調停離婚の場合、どれくらい時間がかかりますか。

事案によるため一概にはいえませんが、申立から終了まで(調停が不成立となって終了した場合も含みます)、1年程度はかかることが多く、なかにはそれ以上もかかるケースもあります。

裁判離婚の場合、どれくらい時間がかかりますか。

約1年はかかると覚悟をしておいたほうがよいでしょう。ただし、第一審の結果に不服があれば、控訴・上告という不服申立てをして更に争うことができるので、さらに長引くことになります。
裁判離婚では、通常の裁判と同様、手続が厳格・複雑に定められており、証拠等を提出して、自分の主張を立証する必要があります。知識なく手続を進めると、取り返しのつかない思わぬ落とし穴にはまることがあります。ぜひとも、離婚・慰謝料に詳しい弁護士に相談しましょう。

離婚・慰謝料について、もっと詳しく知りたい方は

離婚・慰謝料問題解決サポート

安心してご相談ください

tel:077-527-0023  fax:077-527-0007  
mail: info@aiko-jimusho.com
【受付時間】毎日9:00~20:00 【定休日】なし ※お休みを頂いている場合もあります。