• 弁護士による電話無料相談 フリーコール 0120303562 受付時間/毎日9:00~20:00 定休日/なし
  • HPからのお問い合わせ
  • MENU

当事務所について

メディア掲載

大手ハウスメーカーにて借地セミナーの講師を務めました。

  • 開催日:2018年06月02日
  • 開催場所:東京都品川区、新宿区

大手ハウスメーカーにて借地セミナーの講師を務めました。

6月2日品川、6月3日新宿と二日間、お話を致しました。

平成4年に借地借家法が施行されました。
しかし、借地契約の開始は、戦前や戦後すぐが多いため、契約の主要部分については旧借地法が適用されます。
また、特に、東京都内では、他府県に比べて、借地が多いです。
太平洋戦争で東京都内が焼け野原になったことが大きな一因となっていると思われます。

さらに、東京都内において、借地の発端は近所づきあいの信頼する人間関係から始まっています。
そのため、地代が著しく低額といったことが普通にあります。
ところが、東京の地価は、昨今、急上昇!

契約当初の地主さんはすでに亡くなり、息子が引き継いている。さらにその息子が亡くなれば
もはや、信頼する近所づきあいではなくなっています。

今後、借地に関して、問題が顕在化していくのではないでしょうか。
地主も賃貸人もご自身のライフプランを見据えて、話し合う必要があるかと思います。