インドの交通事故

交通事故の死者が世界で最も多い「事故大国」インドの実情

引用

「30メートル真っすぐ走って試験は終わり」。首都ニューデリー東部にある首都圏政府の運転免許試験場。この日、試験に合格したばかりの男性は屈託なく笑った。

試験場は車が20台駐車できる程度の広さ。交通標識などを備えた試験用コースはない。同乗した試験官は標識について尋ねもしなかったという。

 

だそうです。

これが事実なら、小学校3年生でも、自動車運転免許を取得できますね。そりゃ事故が起きますね。