交通事故防止月間

今月は、交通事故防止月間です(滋賀県)。

新入学児童は通学路に慣れていないため、通行量の多い道路や見通しの悪い交差点で、交通取り締まりを強化するそうです。
県警によると、中学生以下の生徒・児童の交通事故は昨年、245件(対前年比48件減)あり、519人(同41人減)がけがをした。
小学生以下で見ると、77人が歩行中に事故に遭っており、自宅から500メートル以内のケースが大半だったということです。
お子様が交通事故にあわないよう十分に注意してください。