交通事故にあったら

ほんとに交通事故があったのか

ほんとに衝突したのか

なぜここに傷があるのか

なぜこのような事故対応でこの部分が痛いのか

 

等々、事故後に問題となることがあります。

そんなこと後で言われても困るということになりますので

交通事故に遭ったら、ご自身で写真を撮っておいてください。

ご自分の車の損傷個所、相手の車の損傷個所、道路形状、当時の交通状況等出来る限り全てです。

警察が聞き取ってくれた、警察が写真をとっていた

から大丈夫と思ってはダメです。

警察は、自己の仕事のため、行政罰、刑事罰を勘案するためのもので

民事上の損害賠償の為ではありません。

我々に、すべての情報を提供してもらえるわけではありません。