自転車と四輪車の事故 2

前回、自転車は四輪車から毛を抜いたものと考えて欲しいと述べました。そんな例を一つ。

事案(刑事事件)
四輪車が、交差点で、青信号に従って右折した際、赤信号を無視して、横断歩道を直進してきた自転車に衝突した。
大阪高裁の結論
「自転車が赤信号に従い、横断しないと信頼するはずで、過失があるとまではいえない」として、無罪とした。

通常、歩行者用信号は、先に赤に変わりますよね。関西では特にですが、車両用の信号を見て、渡ってる歩行者や自転車を見かけます。
被害者が歩行者であれば、同じ判断になってないでしょうけれど、自転車はそうはいかないようです。
自転車は、四輪車から毛を抜いたものだと思ったほうが良さそうですね。