刑法は“ケシカラン罪”であってはいけない、と思う

自分のサイトにアクセスしてきた他人のパソコンを利用して仮想通貨のマイニング(採掘)をするプログラムを使った人が、神奈川県警などから摘発された、というニュースが入ってきました。

 

「他人のPC「借用」仮想通貨計算 ウイルスか合法技術か」

https://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO017291/20180611-OYT8T50002.html

 

事件の概要は記事に詳しいのでそちらを参照してもらえればと思うのですが、これを刑事罰の対象として良いのかについては、おおいに疑問があります。

記事にも触れられているように、これまでも、アクセスした人の意思にかかわらず、勝手に他人のPCに働きかけて、例えばポップアップ広告などを開かせる類の技術は普通にあったわけです。それはそれで、別に見たくもない広告をパカパカと強制的に見せられる側からすると、イライラさせられるものではありました。

一方、他人のPCを利用して勝手にマイニングする技術も、知らない間に自分のPCが作動させられて他人がそれで上手いこと金儲けしてると思うと、たしかに利用された側は、不愉快だろうなとは思うのです。

ですが、これをウイルスと同視して犯罪として取り締まるならば、他の同類の技術がセーフなのに何故マイニングだけがアウトなのか、一体その線引きがどこにあるのか、合理的に説明がつかない気がします。

そうすると、他人のPCを勝手に使って仮想通貨などという怪しげなもので金儲けしようとする技術はケシカラン!という警察の価値判断が先に立っての摘発ではないのか、という気がしてなりません。

かつて、ウィニーというファイル共有ソフトの開発者が著作権法違反の幇助で京都府警に摘発され、最高裁まで争われて結局は無罪になった、という事件がありました。あの事件でも、著作権違反の違法行為を助長する技術を開発するなんてケシカラン!という、新しい技術に対するある種の偏見のようなものが影響していたように見受けられました。今回の事件にも同じような価値判断が働いているように、どうしても感じられてしまいます。

ですが、刑事罰という人の人生を大きく左右する方法で何かを取り締まる時には、違法と適法の区別をあらかじめ明確にしておくべきで、客観的には同じ行為なのにもかかわらず、取り締まる側がケシカランと思うかどうかで違法か合法かが決せられてはいけないと思います。

今後、裁判で争われていくとのことなので、その判断がどうなるのか、注目したいところです。

 

ゴールデンウィーク後半戦

今日からゴールデンウィークも後半ですが、お車で帰省や観光地への旅行などにお出かけになる方も多いかと思います。

普段は運転しないペーパードライバーの方の運転も多いでしょうし、渋滞で長時間運転の疲れも出るかもしれません。

毎度のことではありますが、くれぐれも交通事故にはお気をつけて、楽しい休暇をお過ごしくださいね。

 

憲法記念行事

今日は滋賀弁護士会で毎年開催している憲法記念行事の日でした。

今年は憲法学者の木村草太先生をゲストにお招きして、9条をめぐる議論を整理するお話をしていただきました。

テーマへの注目度の高さと木村先生の人気からか、会場はゴールデンウィーク初日にもかかわらず超満員。木村先生のお話は、時に笑いを交えつつ、論点を理路整然と分かりやすく整理していただき、個人的にもとても勉強なりました。

実は弁護士といっても、司法試験から離れてしまうと、実務では憲法を扱う機会というのはあまりなかったりするのですが、国民の一人としてもっとちゃんと意識を持たないといけないな、、、と反省しきりの一日でした。

「デーモン閣下」さん

「デーモン閣下さんに謝罪=NHK」

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032700851&g=soc

まったくの暇ネタなのですが、時事通信の記事タイトルが「デーモン閣下さん」となっているのを見て初めて、「閣下」の部分までがデーモン小暮さんの固有名なのだと知りました。

「さかなクンさん」みたいなものですかね……

自動運転で死亡事故

「自動運転車初の死亡事故、責任の所在が争点か」

https://jp.reuters.com/article/uber-self-driving-legalrisk-idJPKBN1GY0G9

ウーバー社の自動運転のテスト中に、史上初めての死亡事故が発生しました。

自動運転技術の進展と実用化へと向かう大きな流れは、たとえ死亡事故が起こったとしても今後も変わりようもないと思いますが、法的には自動運転時の事故時の責任を誰が負うのか未知の部分があまりにも多く、議論の整理が必要な状況です。

その意味では、今回の事故の法的責任の帰すうがどうなるのかは、極めて重要なモデルケースになりそうです。

法科大学院を1年短縮か

「法科大学院  1年短縮 文科省改善案、来年の導入検討」

https://www.mainichi.jp/articles/20180203/k00/00m/040/155000c

どうやら法科大学院の年数を1年短縮して、他学部・社会人経験者の3割確保の目標を撤廃する動きがあるようです。

確かに、10年近く前に私がロースクールに入った頃にはすでに「未修者」といいながらも法学部出身者がほとんどで、いわゆる純粋未修者というのはごく一握りの状況でしたので、やむを得ない部分もあるのかもしれません。大山鳴動して何とやら……という皮肉を言いたくなる気もします。

ですが、他学部かつ社会人経験者としてロースクールに進んだ者の一人としては、自分自身はこのロースクール制度がなければ弁護士にはなっていなかったと思いますし、多様な人材確保というロースクールの理念自体には間違いはないと思います。

今後、どのような制度設計にするにせよ、他の領域から法曹を目指そうというやる気と能力のある人たちに道を閉ざすような形にならないことを望みます。

滋賀県が長寿日本一。鮒ずしのおかげ?

 

滋賀県が“男性の長寿”で初の全国一に!

少し前のニュースですが、滋賀県の男性平均寿命が長野県を抜いて1位になったそうです。

鮒ずしなどの滋賀県独自の発酵食品文化が要因だ、との分析もあるようですが、みなさん鮒ずしってそんなに頻繁に食べてますかね……?という疑問も。

何はともあれ、日本一というのは嬉しい話ですね。

大晦日

今年も残すところあと一日です。

多くの方に支えられて、なんとかこの一年過ごすことができました。
まだまだ未熟者ですが、来年は、より技術と知識を磨いて、依頼者の方の力になれる弁護士を目指していこうと思っております。

年末年始の帰省でお車に乗られる方も多いと思います。
くれぐれも交通事故にはお気をつけて。