服装

企業にお勤めの方とは異なり、弁護士は比較的服装の自由度が高い(というか勝手に自由にしている)と感じます。

裁判所に出廷するときも、夏でもきちんとジャケットにネクタイで臨まれる方もおられれば、ポロシャツにチノパンなんて方もおられます。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171003-00000234-fnn-bus_all

こんなニュースに接しましたが、ぼくもけっこう前からスニーカー通勤です。

お気に入りはスタンスミスの黒です。

初体験

2、3週間前からワキがかゆいなと思っていて、市販の軟膏を塗ったりしていたのですが一向に効果がありませんでした。

病院が嫌いなもので先延ばしにしていましたが、さすがにもうだめだということで、今日皮膚科を受診しました。

すると、あせもやかぶれではなく「白癬菌」というカビが原因であることがわかりました。

調べてみると、水虫も同様の菌らしいですが、初めての経験で、若干ショックを受けました。

お薬をもらいましたが、医師によると、カビに軟膏を塗っても効果がないどころかひどくなることもあると言われて驚きました。

やはり何か不安があればすぐに病院に行くべきですね。

タクシー

京都や滋賀でよく見かけるヤサカ自動車のタクシーには、通常「三つ葉」のクローバーのマークがついてます。

1320378b

 

例外で「四つ葉」と「双葉」がいるというウワサは聞いていましたが、まだ乗ったことも見たこともありませんでした。

ところが昨日とうとう遭遇しました。

image1

image1 (2)

タクシーを停めたときも乗ってからもまったく気付かなかったので、しびれをきらした運転手さんが、自ら「何かお気づきになりませんでしたか」とネタばらししてきました。

「双葉」は1200台のうちの2台だけらしく、「四つ葉」よりも珍しいそうです。

お盆休み

明日からお盆休みですね。

弊所も、15日までお休みをいただきます。

そんななか、私は間違って14日に彦根支部の期日を入れてしまいました。

裁判所も当然お盆休みはあるのですが、完全に誰もいなくなってしまうと大変なので(警察や市役所もそうかもしれません。)裁判官含めて交代でお休みをとっているようです。

出てくるついで(ついでにしては遠いですが)ですので、溜まっている書面をできるだけやってしまおうと思います。

 

日弁連野球大会

7月30日に、大阪の泉南で、かんかん照りの中、滋賀と和歌山と大阪の弁護士が40人ほど集まって、野球をしてきました。

日弁連野球大会の一次予選です。

昨年敗れた和歌山には勝ちましたが、大阪には完敗でした。

大阪弁護士会は人数からして滋賀の約30倍ですので、野球部の規模もレベルも大分差があるのですが、それでも悔しいです。

また練習ですね。

 

 

後見支援預金

静岡県での取り組みのようです。

非常に興味深いです。

そもそも裁判所が民間企業と直接(かどうかはわかりませんが。)リンクして何か事業を行うこと自体が珍しいのに、かなり先進的かつ変化をともなうものであり、弁護士を含めたいろいろな業態に影響がありそうなものであるといえるでしょうから、極めて異例なのではないでしょうか。

でも個人的にはいい方向だと思います。

地方の信金さんは、顧客から絶大な信頼を得ていることが多いですからね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000008-wordleaf-soci&p=2

交通事故セミナー

先日東京で行われた交通事故セミナーに参加してきました。

東京近郊の方ばかりなのかと思いきや、私の近くの席の方だけでも、八戸や仙台から来られている弁護士さんがおられました。

内容的には、お医者様から画像診断についてのお話をきくというものと、交通事故を専門的にたくさん扱っておられる弁護士さんのお話をきくものとの二部構成でした。

どちらも非常にためになる話ばかりで、今後の業務にすぐにでも生かせる内容もありました。

自動車保険

自動車保険(いわゆる任意保険)の保険料が値下がりするようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-00000072-jij-bus_all

記事の中では、自動ブレーキ機能等の普及で安全性が向上し、交通事故が減少しているとされています。

他方で、先日、ブレーキアシスト機能がありながらそれが効果を発揮せず(コンピュータが前方車両を認識していなかったということのようです。)、追突事故が発生したというお話もありました。

なんにせよ事故を起こさないようにするという運転者の意識が必要なのでしょうね。

初夏

ふと気付けば世間はゴールデンウィークで、桜もとうに散ってしまいました(今年は特に短かったですね。)。

春らしいことを何一つしないままに夏を迎えてしまいそうです。

このままでは平面的な人間になってしまった困るなあと思いながら先ほど駅の周辺を歩いていると、花が散った桜の木から、ほのかに甘い香りがただよってきました。

今日は、桜餅を食べて短い春を惜しむことにします。

琵琶湖の環境

先週の土曜日に、滋賀弁護士会主催の憲法記念行事というイベントがあり、私も主催者側のお手伝いとして参加してきました。

今年は、「びわ湖から考える地方自治」と題して、前の滋賀県知事である嘉田由紀子先生をお招きし、知事時代のびわ湖の環境問題に対する各種取り組みを中心にご講演いただきました。

嘉田さんは、知事になるずっと前から(学生時代から)環境問題の研究をされており、実にびわ湖とのかかわりが40年以上にわたるという方でした。

お話も多岐にわたり、十分な時間をご用意できなかったことが悔やまれましたが、非常に興味深くお話を拝聴できました。

日弁連では、毎年人権擁護大会というシンポジウムを開いており、今年度は滋賀県が開催地となっています。

人権擁護大会で扱うテーマの1つとしても、びわ湖の環境問題をもう一度取り上げることになっております。

人権擁護大会は、決して弁護士だけが集まる自己満足大会ではなく、ひろく市民の方に、人権について考える機会をもっていただこうというものです。

今年は10月5日、6日に開催されます。たくさんの方々にご参加いただけると幸いです。

弁護士として何を考え、どう行動すべきか。毎日悩みながら過ごしております。そんな弁護士の日常を皆様と共有できたらと思います。