「未分類」カテゴリーアーカイブ

自動運転の責任

レベル3までの自動運転については、運転手が責任をおう、ただし、ハッキング等による場合は、ひき逃げ等と同じ政府の補償といことで決着したようです。
まあ、妥当な結論ですね。

レベル3であっても、ハンドル握って、慎重に運転しましょう!

一方、損保会社は、売上の六割を自動車保険に頼っています。自動車がレベル4になる前に、収益構造の転換をはかれないと潰れるかもしれませんね。といっても、まだまだ先の話ですが、、、

パスワードの定期変更は意味ない(本日日経掲載記事)

パスワードの定期変更は推奨しないとお上はおっしゃってます。理由は、定期的に変更する際、どうしても推測しやすい言葉を使ってしまうようで、変更するたびに、推測しやすいパスワードになってしまうとのこと。
それであれば、定期変更はダメというのと少しズレているような気がします。

結局、パスワードは、推測しにくい文字列で10文字以上にすべき
同じような変更であれば、変更することはより良いということでしょう。

裁量労働制はどうなる?

情報インフラがかなり整った現状において、在宅、テレワークといった多様な働き方により、生産性が向上することは間違い有りません。
そして、これらの働き方のうち、仕事の内容によっては、時間による評価が困難なものもおおいです。
したがって、労働者にとっても、使用者にとっても、必要な制度と思われます。

しかし、日本の労働環境が、未だ追いついていない部分も多く、十分に摘要される条件を考えないといけません。

安易な条文にはしてほしくないですね。

不貞の証拠!ラインについて

当事務所にご相談頂いた不倫慰謝料の請求
その不貞の証拠についてですが、
その多くを占めるのが、探偵さんによる報告書とLINEです。
しかし、そのライントークが、最新バージョン7から、相手のトークルームでも消せるようになりました。

法律事務所へ持ってくる証拠が変わってきそうです。

楽天、損保参入!朝日火災海上保険株式会社を買収!

楽天三木谷社長はすごいですね。
つい先日、西友とも業務提携を発表したばかり!

孫社長もそうですが、
影響力、力のある他業種が、新規参入することで、市場が活性化され、様々な競争が生じますから、消費者にとっては良いことの方が多いのではないでしょうか。

どんな商品が開発されるのか、とても楽しみですね。

ペット治療 訴訟急増 日経掲載記事

ペット数は年々上昇、さらに医療の進歩でペットの寿命も右肩上がり

認知症の犬が人に危害を加えるといったこともあるようです。

動物病院は、医療過誤の保険にしっかりはいり、クレーム対応を含めた様々な対応に顧問弁護士をもつ

ペットを飼う人は、ペットの医療保険だけでなく、ペットが加えた危害にたいする保険にもはいらないといけません。また、長期間面倒をみる、認知症になっても面倒をみる覚悟が必要ですね。

自動車検査無資格者問題にみる日本の構造の根本的な問題

スバルや日産が犯したのは、端的に言えば道路運送車両法違反です。

確かに、法令違反はやってはいけません。しかし、本件は、安全性になんら無関係であり、安全性への影響は皆無です。安全性に影響がないから、違法でもいいと言いたいのではありません。

現在の状況を無視した検査を義務付けられているです。実際、輸出用の車両の生産や出荷には何ら影響していません。なぜそんな無駄なことをさせるのか、なぜなくならないか、が問題です。

なぜか、国交省やその関連組織(主に車検関係の天下り先)の既得権益を守るためです。

日本には、役人の既得権益を守るため、状況に合わない無理な制度設計が多数なされています。そして、中には、制度違反をすることを前提とした制度があり、役人がそれらの違反を見ないふりすることで制度維持を図っているというむちゃくちゃなものがあります。

この一つが本件です。他で最近騒がれたのが、パチンコの釘問題です。国民は、政治家と役人に、なめられ続けています。

これらの是正をするきっかけに大きく貢献できるはずのマスコミは、何も考えずに違法だと騒ぎ立てます。サル以下です。状況は良くなりません。ここで、国民が真実を知り、騒ぎ立てれば、さすがに是正せざるを得ません。そんな良い機会でしたが、結局、意味はなさそうです。むしろ、また、無駄な規制が出来る可能性すらあります。

イオンのレジで現金引き出し

17年4月に解禁され、一番乗りで実施するようです。

セブンイレブンのATMといい、イオンのサービスは他を圧倒している気がします。というのも、銀行は、ATMの維持管理負担を和らげようと、セブン銀行等コンビニのATMを積極的利用しているようです。

ほんと、セブンイレブンとイオンモールがあれば、すべて揃いそうですね。物だけでなく、家族の遊び場もありますし、特に買い物なくても、楽しめますね。

 

高等教育無償化により、また一つ日本は国際競争力を下げる

幼児教育無償化及び待機児童解消は、少しでも早くやり遂げないといけないと思います。幼児教育は、教育だけでなく、保育という面もあり、母親の仕事復帰に必要不可欠だからです。仕事復帰したい人全員が仕事へ復帰できることは、その人にとっても、日本にとってもメリットです。

一方で、高等教育は、全く異なります。つまり、高等教育は、教育のみをするところです。これに税金を投入し、勉強する気がない若者に高等教育を受けさせても、なにひとつメリットありません。唯一、一時的に通う学校が儲かるくらい。

しかし、一時的です。学校から輩出される学生の質が下がれば、就職出来ない学生がふえ、その大学にいきたくない学生がふえる。そうして、結局、大学は衰退するのです。残念ながら、日本トップの大学である東大、京大も衰退一直線です。

当たり前です、高等教育は、学生に高等教育をして、社会に役に立つ教育を受けた学生を輩出するためにあります。

このままだと、ただでさえ、日本の大学はレジャーだと、世界から馬鹿にされているのに、そのレジャーに、学費がかからないからいいかと参加する学生が増えるんです。4年間遊び抜いた学生がたくさん増えるだけ。税金をつかって、、、、。

結局、つぶれかけている大学の救済が本当の狙いではないかという、財政拠出です。

これまでとおり、大学に関わらず、どこ分野も同じです。補助金助成金等の国からのお金を貰うことに腐心し、本来の目的を忘れてしまい、国際競争力のない、日本の国からお金を貰うことにしか出来ない企業等になる。そして、世界では、全く通用しなくなる。

高等教育も、このようないつもの道筋を邁進してきました。もしかしたら、なんとかなるかもという最後の改革もないようです。残念ですが、まともな人は日本の大学を選ばない時代がくるまで、あと10年もかかりませんね。