高等教育無償化により、また一つ日本は国際競争力を下げる

幼児教育無償化及び待機児童解消は、少しでも早くやり遂げないといけないと思います。幼児教育は、教育だけでなく、保育という面もあり、母親の仕事復帰に必要不可欠だからです。仕事復帰したい人全員が仕事へ復帰できることは、その人にとっても、日本にとってもメリットです。

一方で、高等教育は、全く異なります。つまり、高等教育は、教育のみをするところです。これに税金を投入し、勉強する気がない若者に高等教育を受けさせても、なにひとつメリットありません。唯一、一時的に通う学校が儲かるくらい。

しかし、一時的です。学校から輩出される学生の質が下がれば、就職出来ない学生がふえ、その大学にいきたくない学生がふえる。そうして、結局、大学は衰退するのです。残念ながら、日本トップの大学である東大、京大も衰退一直線です。

当たり前です、高等教育は、学生に高等教育をして、社会に役に立つ教育を受けた学生を輩出するためにあります。

このままだと、ただでさえ、日本の大学はレジャーだと、世界から馬鹿にされているのに、そのレジャーに、学費がかからないからいいかと参加する学生が増えるんです。4年間遊び抜いた学生がたくさん増えるだけ。税金をつかって、、、、。

結局、つぶれかけている大学の救済が本当の狙いではないかという、財政拠出です。

これまでとおり、大学に関わらず、どこ分野も同じです。補助金助成金等の国からのお金を貰うことに腐心し、本来の目的を忘れてしまい、国際競争力のない、日本の国からお金を貰うことにしか出来ない企業等になる。そして、世界では、全く通用しなくなる。

高等教育も、このようないつもの道筋を邁進してきました。もしかしたら、なんとかなるかもという最後の改革もないようです。残念ですが、まともな人は日本の大学を選ばない時代がくるまで、あと10年もかかりませんね。

 

日本人の海外留学数は右肩上がり、でも

日本人学生や社会人の海外留学は、増加し続けています。

とても良い事とは思いますが、中身をみると、あれっとおもいます。留学で何を学ぶのかが重要ですよね、もちろん。

年間10万人以上が海外留学していますが、短期留学がほとんどで、さらに学んでいるのは語学だそうです。

語学なんて、もう数年で自動翻訳機ができるでしょうし、さらに短期で語学を学んで、何になるのか?なんのためか?。

海外留学をせっかくできる恵まれた環境なのに、もっと海外でしか学べない大切なことを学ぶべきではないかなと残念です。

例えば、思考力、議論の仕方、学ぶ姿勢、何のために学ぶのか、です。

日本の大半の大学は、相当積極的に関わらないと、上記のことは、身に付きません。

海外からみると、日本の大学はレジャーだそうです。その通りですね。入学まで頑張って、四年間遊ぶんです。東大、京大レベルではわかりませんが、根本的にはかわらないでしょう。

米国では、大学の平均卒業年数は、六年です。留年して当たり前なんです。もちろん、日本の留年とは、訳が違います。日本の留年は、大学に行ってない、テストを受けてないとかそんな低いレベルです。

先日、マサチューセッツ工科大とハーバード大学へ行きましたが、到底追いつけないなと感じました。

追いつけないとしても、離されないよう抜本的な改革が必要ではないでしょうか。