ピンポーン

という音が、駅の出口や改札口で鳴っています。

なんかそんなに大きな音量でないのに、聞こえてくる音です。

なんでこんな音を鳴らしているのかなーと疑問だったんですが

今日の日経プラス1で判明しました。

視覚障害のある方が、音を頼りにして、改札口や出口を判断するため

だそうです。

擬似科学っ!

擬似科学って、ご存知ですか?

実は、我々、嘘の広告に騙され 場合もありますが、勝手に都合の良いように推測して思い込むという機能が本能として、組み込まれています。

例えば、

コラーゲンは加齢と共に減少します(事実)

肌の弾力性は、コラーゲンによって生まれている(事実)

これだけで、コラーゲンのサプリやスッポン鍋が美肌効果があると思い込んでいます。

しかし、コラーゲンとっても、コラーゲンになりません。コラーゲンはタンパク質ですから、アミノ酸に分解され、体の組織にはりますが、コラーゲンにならないです(ゼロではないですが、他のタンパク質をとったときと、コラーゲンをとったときで、コラーゲンになる量に差違はありません。)

 

高速での自動運転できる!

日産が、高速道路で一車線での自動運転可能な車を発売しますね。とても、運転が楽になり、素晴らしいことです。

ここで、法律的な問題です。

高速道路で自動運転中に事故をした場合の責任はだれが負うのでしょうか?

答えは、運転手です。日欧で、完全自動化されるまでは、運転者の責任とすることで国際標準化する方向になっています。

車の機能に問題があるとして、日産に請求するのは難しいと思いますので、自動車保険はしっかりと入って、安全運転でお願いします。